最高の美少女たちと今すぐ出会える!

池袋派遣型リフレJK DREAM

物語

【もしもシリーズ】もしもトニー・スタークがリフレ店の経営者だったら①

あらすじ

巨大軍需産業「スターク・インダストリーズ」の社長であるトニー・スタークは、自社製品のプレゼンテーションのため日本に向かっていた。

着陸寸前、乗っていた飛行機がテロリストのミサイル攻撃に遭い、日本近海に不時着することを余儀なくされた。

着水の衝撃で機体はバラバラとなり、トニーは意識を失った。

気がつくと、トニーは海岸に打ち上げられており、局部に酷い損傷を負っていた。

このままでは命がもたないと判断したトニーは、生命維持のため一緒に流れ着いた最新機器を改造し、自身の局部を機械に作り替えた。

それは、エネルギーを生み出す熱プラズマ反応炉「小型アーク・リアクター」であった。

こうして一命を取り留めたトニーは、周囲を捜索していた在日米軍に発見され、救助されることとなった。

怪我を回復させたトニーは、自分を襲撃したテロリストが東京の池袋に潜んでいるという情報を掴み、復讐を決意した。

自身の機械化されたイチモツの恨みを忘れないように、自らを「アイアンペ○ス」と名乗った彼は、犯罪者やテロリストと戦う、正義のヒーローとなったのである。

 

資金調達編

「ジャーヴィス、今日のスケジュールはどうなっている。」

トニーは何も無い空間に向かって話しかけている。

「回転コースが5本、指名ロングコースが8本、お散歩が1本予約中。ただちに嬢を呼び戻した方がよろしいかと。」

何もなかった空間に映像が映し出され、今日のスケジュールが表示された。

「そうか、では連絡しておけ。僕は体入の面接に行ってくる。」

「了解しました。」

ここは池袋のとある雑居ビルの一室。

トニーはここをラボに改造し、拠点としていた。

今話しているのは、トニーが開発した人工知能の「ジャーヴィス」であり、このラボに本体が置かれている。

必要であればトニーのアイアンペ○スを通して通信を行い、現在の戦況を把握することができる。

現在、トニーは活動用の資金調達のため、池袋で派遣型リフレ店を経営していた。

 

 

その日の夜

「今日のミッションは完了だ。アイアンペ○スをメンテナンスモードにしておけ。」

「了解しました。」

「ジャーヴィス、現在の時刻は?」

「現在時刻は23時35分です。」

「そうか、では私はホテルに戻る。あとのことはよろしく頼む。」

「了解しました。」

 

 

続く、、、のか?

 

 

今すぐ正統派な美少女たちとのエッチな出会いを体験したい!という方は、

080-3091-8081

までお電話いただくか、LINEでご連絡ください!

友だち追加

「1番おすすめコースで!」と魂の叫びをぶつけていただければ、その瞬間に提供することができる最高のプランをご案内いたします!

JK DREAMではお客様に自信をもってお届けできる最高の正統派美少女しか取り扱っておりません。

ぜひあなたの目でお確かめください!

-物語
-,

Copyright© 池袋派遣型リフレJK DREAM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.